読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

17/03の記録

「楽しかったことだけを書く」というコンセプトに基づく生活の記録。

3/1
ミネストローネを作る。割と得意な料理。

3/2
昨日のミネストローネに、オリーブオイルで作ったなんちゃってブールマニエと牛乳を入れてトマトクリームシチューにチェンジ。
結婚してから、継ぎ足しやリメイクが出来るようになったので楽しい。一人暮らしの頃は平気で毎日同じものを食べ続けていた。

3/3
神戸にotoriというポストパンクロックバンドを観に行く。ポストパンクロックがなんなのかはよくわからない。otoriはポップ暴力だ。

3/4
大きな書店で本をたんと買う。
平積みの表紙が気になったので手に取ったら、以前に雑誌で1話だけ読んで単行本が出たら買おうと思っていた「蟷螂の檻」だった。 購入し貪り読む。

蟷螂の檻 1 (onBLUE comics)

蟷螂の檻 1 (onBLUE comics)

とても良き。

3/5
確定申告について調べる。
完全に出遅れているが、なんとか間に合うとは思う。

3/6
先週あたりに見た「きょうの料理」か何かで、春らしい料理を作っていた。
「献立で、家族に春が来たことを知らせてあげましょう。忙しくてつい見逃してしまいますからね。」とのコメントにいたく感動したので初めて豆ご飯を炊いた。
炊き込み御飯は割と苦手分野だが、ちゃんと30分うるかして、夫の両親に買っていただいたすごい炊飯器の炊き込み御飯モードで炊いたら恙無くできた。「うるかす」という言葉はお国言葉ではないが、可愛いので好んで遣っている。
「献立で家族に四季を知らせる」ことのなんと尊いことか!献立がこんなに偉大なものだとは気がつかなかった。気がつかないところが良いのだろう、だって、豆ご飯はただただ美味しいものだ。
しかし私には「さりげない」ということが出来ないので、「土井善晴さんがね!」と夫に一言一句この話をした。ブログに書いてあることは大体全部事前に夫に話したことだし、夫はたまに「それ以降はブログでやってくれ」という。

3/7
確定申告の準備を粛々と進める。
達成感があって良い。

3/8
楽しいことは特にない。
久しぶりに過食嘔吐

3/9
職場の後輩とランチ。
とても美味しいカレーを食べた。

3/10
退職する職場の先輩と食事。
袖振り合うも他生の縁という感じ。

3/11
トーキョーへ。
大好きな美容師さんに髪を切って頂く。
「髪を切る」のは衛生面に関する社会生活での義務である反面、趣味趣向の側面もある不思議な行為だとこの美容師さんに髪を切って頂くようになってから考えている。
要するに美容室に行くのが楽しい。
夜は幡ヶ谷でHOMMヨさんを。
自分の持ちうる全ての教養を出し切ってからようやく議論の舞台に立てるのだなと思うと日々お勉強である。杵柄だけで生きていくのは勿体無いことだ。
隙間の時間を狙って池袋PARCOのon BLUEショップへ。
地元にいた頃は「オタクがばれたら社会的に死ぬ」と思っていたので今もひっそり生きている感はあるが、東京だと何を買うのも平気だ。

3/12
泊めていただいた友人とレトロな喫茶店でリアルタイムの会話を。会って話すのは本当のことばかりだ。
サクライケンタさんの企画を見に鶯谷へ。詳しくは後日。

3/13
ダイソーで無責任な柄のペンケースを購入。
色鉛筆を入れる。

twitterに書きなぐったライブの感想が、おおよそ私には縁のないとても好きな漫画家さんの目に留まる。ひいいいい、という気分。
恥ずかしっ。

3/14
ポンコツ。生きているだけで御の字。

3/15
キチガイアを聴く。いろいろ書いている。

3/16
キチガイアを聴く。
ファミリーマート無印良品キーマカレーを買って食べる。味は普通。

3/17
帰宅中に何もかも嫌になったのでミスドに篭ってキチガイアを聴いて思ったほんの一部のことを書き殴る。
感情の過食嘔吐
踏み絵としての大森靖子とJI・MO・TOの顔かわいいトモダチ - 白昼夢、或いは全部勘違い

3/18
花粉が飛んでいる。

3/19
夫の元同僚が自宅に遊びにくる。
何度かあったことのある優しげな人なので、あまり無理せず愛想良く過ごす。

3/20
朝からファミレスで朝ごはんを食べる。
気だるい。

3/21
大森靖子ちゃんのファンクラブ会報が届く。
愛おしい。
「カルテット」の最終回を見る。良い。

3/22
キチガイア」がオリコンウィークリーチャートでTop10になる。
キチガイア」がオリコンウィークリーチャートでTop10になる時代に生きていることがとても嬉しい。

3/23
「スニップス,スネイル&ドッグテイル」を再読。

『恋がしたくなるような少女漫画』はあまり持っていないが、『恋とはどんなものかしらと考えたくなる漫画』は沢山持っている。

3/24
モクレンとコブシの見分け方について学ぶ。

3/25
布を買って縫う。楽しい。
何度目かの「沈黙」を読み終わる。読書感想文は後日。

3/26
服を買う。
馴染みの服屋さんは私が試着している間に、試着室横に私が試着しそうな服を勝手に持ってきてくれる。
馴染みでない服屋さんでも服を買う。
とても気に入ったので馴染みの服屋さんになりたい。

3/27
夫が買ってきてくれた「ユリイカ」を読む。

3/28
ポン中かよ」と思うほど仕事が捗る。
「浮気の定義は粘膜接触の有無」「何かを伝えようとしてその結果相手の眼球をえぐる」ということについて考える。
他人の眼球も自分の眼球も、抉らないほうがいいと思う。
欲しかった本が届く。しあわせ。

3/29
割とポンコツなりに職務に励む。
生きているので偉い。

3/30
夫と遊ぶ。楽しい。
満開のポピーがとびきりキュート。

3/31
前からきちんとお会いしたいと思っていた人に会えそうな機会があったので、急遽連絡をし急遽ご飯の機会を設ける。
私にしては至極珍しいことだが、とても楽しい時間を過ごすことができた。
ロマンチックについて話し合った。
ロマンチックってなんだ。私は自分と地続きでないものにばかりロマンチックを覚えてしまう。
行ったこともないギムナジウムとか、放課後の誰もいない音楽室のピアノとか、喫茶店で「白い人・黄色い人」を読む人とか、ステージを降りることのないロックスターとか。
放課後の音楽室には人がたくさんいる。

広告を非表示にする