読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

根暗のOLだけど西野カナの「Have a nice day!」を聴いたらキラキラ女子も私と同じで人間なんだって思った話

このブログは長いだけなので、どちらかというとこれを読んでほしい。

トリセツを破り捨てた西野カナ - BASEMENT-TIMES

以下、私の話。

事の発端はいつものごとく、超歌手 大森靖子ちゃんだ。

大森靖子・New Album「TOKYO BLACK HOLE」全曲トレーラー - YouTube
TOKYO BLACK HOLE TOUR ファイナル松山公演の後、ファン参加型のカラオケ打ち上げというものが開催された。
松山公演に行く予定であった私は是非に行こうと思ったが、「カラオケ」であることに怯えていた。
大森さんが歌うところを見るのだろうと思っていたが、万が一億が一、自分にマイクが回ってきたらどうしよう、拒否でいいのか、大森さんに失礼ではないのか、と考え、1曲仕込んで行こうと思い至った。
知ってる人がいるんだかいないんだか、その場には思い入れを持っている人がいなさそうな曲、自分のiTunesを眺めてみても、そんな曲はなかった。
私が「月に負け犬」を必死の形相で歌っても何も面白くない。とりわけ怖いこと?カラオケ。明日くたばるかもしれない。

そこで思い至ったのが西野カナであった。かなやん。
わたしの日頃の立ち振る舞いからかけ離れた選択であれば出落ちで乗り切れる気がするし、大森さんと西野カナの両方に強い思い入れのある人は見かけたことがなかったからだ。(いたら話してみたいので連絡をください)
ちなみにマイクは回ってこなかった。

以前テレビで、西野カナが本当に本当に好きで、西野カナの誕生日には一人でケーキを買ってお祝いするという若い男性を見た。
VTR鑑賞後のスタジオでは、ちょっと引いているような、「え?そこまでやるの?」のような空気が流れていた。
二次元のキャラクターの誕生日を祝うことは割と大きなメディアでも見かけるようになったと思うし、アイドルの場合も然りだ。
その対象が西野カナであることにより、返って世間が彼を冷遇する様に不快感を覚えると同時に、そんなに好かれる西野カナってどんな人なのかな、と思った。
私は「私の知らない何かがとても好きな人の話を聞くこと」が好きなので、いつか西野カナがとんでもなく好きな人と話してみたいとあれからずっと思っている。会えたことはない。

彼のおかげで少し印象は変わったものの、私が西野カナに抱く主だったイメージは「リア充」だった。

これからもどうぞよろしくね
こんな私だけど笑って許してね

だめだ、3回生まれ変わっても私に言える台詞ではない。
確固たる自己肯定感と育まれた愛着、表沙汰にならない日々の努力の積み重ね、眩しくて目が益々細くなる、直視できない。

ようやく本題に入るが、「Have a nice day !」という曲がある。
これを読んでいる10人くらいの人はきっと一度も聴いたことがないと思う。聴いてくれ。

西野カナ 『Have a nice day』MV(Short Ver.) - YouTube
リア充」というより、「キラキラ女子」という呼称が合う。
どちらも、侮蔑と羨望と嫉妬を含んだ、あまり褒められたものではない物言いだ。

明るい人が苦手だ。
「誰とでも仲良くなれます!」と言われると、それだけで「私はあなたとは仲良くなれない」と思う。
社会的に欠陥があるのは私の方なので申し訳なく思ってはいる。
とにかく怖い。頼むから私をバーベキューや花見に誘わないでくれ。歓送迎会にも新年会にも忘年会にも同期会にも二次会にもちゃんと行くから、金曜日に突然飲みに行こうなんて言わないでくれ。
お喋りもするしランチもたまには行くから、せめて一人でパンを齧っている時には話しかけないでくれ、一人でパンを齧りたい気分になったことはあるか、ないのか。
Facebookやってる?」なんて聞かないでくれ。地元には私の生死を知られるのも嫌な人が何人かいるというのにやるわけがない。
仕事に熱意を持ってギンギンに働く彼女たちが怖くて仕方がない。多分Facebookで感動した接客エピソードとかシェアしてるんでしょ、知らないけど。
以下、この、私に向ける敵意のない一方的な仮想敵を「彼女たち」と呼ぶ。

これはきっと全部偏見だろう、だって彼女たちが何を考えているかなんて私は何も知らない。
この歳になってようやく、世間には「お互いを知るための意見交換」ではなく「共感していることを可視化するための意見交換(本意であるかはどうかは問わない)」があることと、その存在意義が理解できた。
「わかる」って言っておいたほうがいいんでしょ、と馬鹿にしているのではない。「わかる」というコミュニケーションには必要性があるのだ。本意でないことに表面上だけ同意することは不誠実であるからと思ったことだけを述べてみたがどうにもうまくいかず、ならば沈黙こそが金なのではないかと黙りこくってみた。しかし、「わかる」と伝え合うことのほうが、余程効果のあることだった。
誠実に議論を交わすのは限られた相手でよく、万人と理解し合おうとすることがそもそも間違いであり、社会に属して生きていくつもりであれば自分が相手に同意できる、相手を許容できる態度を示すことは有効であった。

しかし、しかしである。
そのようなコミュニケーションの種類を選択した結果、私には彼女たちの真意がなんなのかますますわからなくなった。
私が「心底共感しているとは言い難いが、目くじら立てて否定するほどでもない」と思っていることは、果たして彼女たちにとって信念なのだろうか?
ネイルを変えたいのはわかる。ハワイに行きたいのはよくわからない。肉バルには行きたくない。美味しいおでんは食べたいが、職場の人ではなく夫と行きたい。
「わかる」の嵐の中、本当に「わかって」いるのは一体誰なのか、これは一体誰の気持ちなのか、私は何に理解を示したのか、もう私にはわからなかった。

そろそろ西野カナの話をしようと思う。

f:id:ngsk-pink87:20170206211534j:image

ここまでは、朝から元気だな、きっと髪とか巻いてんだろうな、偉いな、と思う。
身だしなみに気を使うことや、自分の外見を高めることで気分を高揚させるのは「媚びている」などではなく言わば戦士の化粧である。

f:id:ngsk-pink87:20170206211546j:image

「愛とか恋とか」イコール「ラララララ」、「ラララララ」!!!!
彼女たちは大抵彼氏とか彼氏のような人とか元彼とかがいる。私に夫がいることは関係がない。
いつも明るいから、彼女たちが辛い思いをしているだなんて想像もつかなかったが、ただ「これは運命」の一言で整理をつける、もしくは整理をつけると言い聞かせることで、明るく見えているのかもしれない。
整理整頓とゴミ捨ては私の最も苦手なことだが、それにより私には彼女たちが早々に整理させた辛さが見えなかったのでは、と気づく。

f:id:ngsk-pink87:20170209184221j:image

「がんばれ」の連呼、サビ一つに「がんばれ」が4回。
「ビョーキの人に『がんばれ』って言っちゃいけないんでしょ?」という攻撃からは全く無縁の世界だ。
「その調子、いい感じ」とあるが、ついさっきまで失恋に思いを馳せていたはずだ。
「その調子、って、今が調子いいからそんなこと言えるんでしょ」と思っていたが、別に「その調子」でも「いい感じ」でもないのだ。
にも関わらず、「その調子、いい感じ」、これはきっと自己暗示ではないか。
失恋を「これは運命」と整理整頓できたことで、現状を「いい感じ」と肯定するステージに立てるのだろう。
着実な努力と向上、手堅い手順を踏むことで明るさは生まれるのかもしれない。
「負けるな、焦るな、くじけるな」、まるで体育祭のスローガンのようではあるが、この言葉が出てくるということはつまり、「負けていて、焦っていて、くじけている」、もしくはそうなる可能性があるということだろう。
それを「負けそう」ではなく「負けるな」と述べること、その方が明らかに勝つ確率が上がる気がする。
自分に「負けるな」と言い聞かせることはできるだろうか。私はそれがひどく苦手だ。負けた時「負けるな」と思っていたか「負けそう」と思っていたか、「負けるな」と思っていたのに負けることが怖いし、負けたあとに心の整理が出来ないからだ。
負けることより、負けたあとに傷つくことの方が怖い。
そして「一生懸命生きているから」、ここで生命を肯定する。漠然とした自己肯定、生きていることそのものへの賞賛、自分の生き様を「一生懸命」と断言できること、全てが私の理解を超えているが、ここで歌詞の冒頭に戻ると、寝坊しそうになりうっかりテレビを見てスマフォをいじっていたら遅刻しかけて駅までダッシュ、私であれば「なぜ私はこんなにだらしがないのか」と落ち込みながらもまた明日同じことを繰り返すであろうが、それも引っくるめて「一生懸命生きているから」なのだ。
そう、ちょっと寝坊したからって一生懸命ではないと減点される言われはないのだな、と思い至った。

この調子で2番に進む。

f:id:ngsk-pink87:20170206211614j:image
ここで衝撃の事実が判明する。
彼女はおそらく、夜10時過ぎまで働いているのだ。
どんな人物なのかわからないが、朝8時に出勤し夜10時過ぎまで働いていることから、オフィスワーカーを想定する。
夜10時過ぎ、みんな帰る、事務所の鍵閉めめんどくさい、下のコンビニ行こうかな、複合機がブーンっていってめちゃくちゃビビる、隣の部署は全員いないからフロアが薄暗い、ドアガチャってなった!何!?…見回りの人だった、セコムした後なのにスマフォ忘れた、ダッシュで取りに行く、そんな気持ちを共有できるかもしれない。
「本気出すしかない」というが、夜10時から出せる本気などあるだろうか、あるならとっくに帰宅している。
おそらくここでも彼女のそれは空元気なのだと想像する。きっとデスクの引き出しには1本満足バーが入っているのだと思う。

f:id:ngsk-pink87:20170206211623j:image

「ダイエット」と「夜中のスイーツ」、スイーツ(笑)などと言ってはいけない、夜10時過ぎてから本気を出した彼女の推定帰宅時刻は12時を回っているだろう。最寄り駅からはタクシーに乗ったのだろうか、心配だ。
「過食でしか解決できないこともある」と産業医に言われたことがあるが、「これはご褒美」と考えることで、罪悪感をなくすのだ。
そもそも、罪悪感がなければ「これはご褒美」などと言い聞かせる必要はないだろう。
私は過食を「傷のつかないリストカット」と思っているが、彼女にとって「夜中のスイーツ」は「ラララララ」で「ご褒美」なのだ。どちらが精神衛生に良いかは一目瞭然である。

f:id:ngsk-pink87:20170206211556j:image

ここで最も驚愕した歌詞が現れる。
「週末まではあと2日」、つまりこの「夜も10時過ぎ」から「夜中のスイーツ」のコンボを決めているのはまだ水曜日の深夜なのだ。
私は、彼女たちは強靭な努力により弱音を吐くことなく花金を迎える生命体だと思っていた。
しかし彼女たちの心は!水曜日に!すでに折れているのだ!
ここで、職場のメンタルヘルス研修で繰り返し指摘されるポイントが出てくるのでおさらいしたい。
「週末までは『あと』2日」である。「週末までは『まだ』2日もある」ではないのだ。
言っていることは同じだ。木曜日も金曜日も消失しない。月曜日くらいならするかもしれない。この2文字の違いがどんなに意味のあることが、だんだん理解できてきた。
そして「凄いぞ私」、私は凄いのだ。例えダイエット中の夜中にスイーツを食べていようが、凄いのだ。
「優しく 可愛く イラつかず」から見えるものはなにか。
「優しく 可愛く」あろうとする彼女たちに私は「すげえなあ」と雑な感慨を抱いていた。「私はしょっちゅう不機嫌になったり怒ったりしてるのに、偉いなあ」と。
しかし、「イラつかず」と言い聞かせているということはつまり「イラついて」はいる、もしくは「イラつき」そうになってはいるのだろう。
それを自明のものとし、自分をねぎらい、そして目指すべきところ「優しく 可愛く イラつかず」を反芻するのだ。尊敬の念を覚える。
繰り返すが、私はこの「週末まではあと2日」にたいそう驚いた。え、心折れるタイミング一緒だ!と思った。
なんだ、あの人たち、人間なんだ、と思った。
ただ、それを消化する方法を身につけているだけであって、イラつきもすれば夜中にお菓子を食べることもあれば、週末が来ることを願うこともあるのだ。

f:id:ngsk-pink87:20170206211655j:image

華のFridayはマジで勘弁だし早く家に帰ってネットで頼んだ漫画を読みたいので割愛。

f:id:ngsk-pink87:20170206211700j:image

彼女たちも人間なのだということに大きな気づきを得た。
そしてこの歌を受け止められなかった私は、「頑張ってない私に頑張れって言われても」「取り立てていい感じではない私にその調子って言われても」と思っていた。
しかしここで「わかる」コミュニケーションの話に戻ると、本当のことはなんだっていいのだ。
本意はどうであれ共感を示すことが大切なのと同じく、事実が何であれ今日の憂鬱を今日中に整理整頓することが大切であって、私が「優しく 可愛く イラつかず」でなかろうが「いい感じ」でなかろうが、なんだっていいのだ。

というわけで、私だってHave a nice day!の一つくらい、言ってもいいのでは、と思った。

広告を非表示にする