読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

17/01の記録

日記が続いた試しがない。
交換日記なら回したことがある。りぼんのふろくの交換日記。
今も交換日記はあるのだろうか?鍵アカやLINEで交わされた秘密は、交換日記のように晒しものにされるのだろうか。

1/1
新宿で年明け、大好きなミュージシャンのご多幸とご活躍を願い、「許さない」という行為について考える。
東京タワーを見に行く。東京タワーはとても綺麗だ。まごうことなき人工物なのに、象徴としてただそこにある様がとても好ましい。
「三日月」のクロワッサン、お節料理や鰤しゃぶなどを食べる。

1/2
地元の観光名所へ。曇天で気怠い様子だった。
帰宅し、すき焼きを食べる。
1番好きな具は牛肉、2番目に好きな具は油揚げだ。我が家のすき焼きはつゆだくなので、油揚げを入れると味を含んでとても美味しい。

1/3
認知の歪みを是正するべく尽力する。結果は上々。
祖父や曾祖父の生前の話、煮物を作るコツ、花を生けるコツを聞くなど、正月らしく過ごす。

1/4
博多駅のホームでラーメンを食べる。あっさりしていて美味しい。
キャラメルマキアートをキャラメルシロップに変更してショットを追加して飲む。そのままだと甘いのでシロップを減らしてもらうことが多いが、ショットを足したほうが美味しい。高いのでたまにしかやらない。
ラーメンと同じくらいの金額になった。

1/5
仕事始め。
風邪を引きズブズブの状態で働いていた。
「生きている」という感じがする。

1/6
ふと、「泡風呂でシャンパン飲んだろ」と思いたち、実行。泡風呂でシャンパンを飲み、パルジャミーノを食べる。

f:id:ngsk-pink87:20170116121623j:image

テレヴィジョン・シティ」に出てくるヴィオラのようなバスバブル。
硬いチーズが好きだ。柔らかいチーズも好きだ。

1/7
縮毛矯正をかけた帰りに、美味しいパンを買って食べる。
「洗い米」というものを知り、早速作る。
ふっくらしており、とても美味しかった。たまに作ろうと思う。

1/8
勢力的に買い物。
ハードな基礎化粧品を買ってもらう。
いつもより高いヒールを履いて出かけたが、弱音を吐く、外傷を負うなどなく帰宅した。上々だ。
美味しいぶどうジュースを飲む。

1/9
菜の花を茹でる。
叔母に習った煮物を作る。美味しくできた。

「許さない」のは自分の為だと思っていた。
「私が辛いと思ったことを、私くらい覚えてあげておかなければ、あの時の私が可哀想だ。」と思っていた。

「可哀想な私」が神様にしていた、「生まれたことを恨むのならちゃんと生きてからにしろ」と歌っていた人が、あれが10年近くを経て「大丈夫だ あの痛みは忘れたって消えやしない」と歌っていた。

1/10
twitterで見かけた大根の肉巻きを作って食べる。
前日に作り置いた菜の花のお浸しも食べる。
旬の食べ物は美味しいし、twitterで話題のレシピも大体美味しい。

1/11
ふと、雪見だいふくを暖かいココアに入れたら美味しいのでは?と思い、帰宅中の夫に買ってきて貰う。
さてココアを作ろうと冷蔵庫を開けたら、思っていた量の1/4しか牛乳がなく、あると思っていたココアもなかった。
コップに1/4程のホットミルクに入れて食べる雪見だいふくは美味しかった。

1/12
夫が忙しく疲弊していたので疲労回復になる暖かい食べ物をと思い、溢れんばかりの野菜を入れた豚汁を作る。
里芋、牛蒡、大根、蓮根、とにかく根菜が好きだ。

1/13
夫が引き続き疲弊していたのでティラミスを作る。
今まで作った回数が一番多いお菓子は恐らくティラミスだ。実家にいた頃はお節を作る母の横で私がティラミスを作るのが例年のことだった。
いける気がする、と思い秤を使わずに作ってみたら意外と出来た。もっと適当に生きていきたい。

1/14
友人に会いに京都へ。
卵、卵、卵。
画像は友人のtwitterからの無断転載である。
f:id:ngsk-pink87:20170116121347j:image
チルアウト、認知の歪み、自己肯定感、などについて活発に議論する。

大寒波が到来し、初雪が横殴りに荒ぶ中、通勤用の鞄を新調した。
「地味でなければ」「機能的でなければ」「可愛さは不要でなければ」など、誰に言われたわけでもない「ねばならない」を元に通勤鞄を選んできたが、急に、「毎日お気に入りの鞄で通勤したら楽しいのでは」と思い、好きなお服屋さんの、いつもは行かない店舗へ鞄を探しに行った。
初めて話す店員さんに、「通勤用の鞄がほしいんです、毎日スーツを着ています」と要望を伝え、店員さんから「私ならこう使う」というアドバイスを受け、円滑にコミュニケーションをとることができた。精一杯だが、上々だ。
いつもの店舗の担当してくれている店員さんの話をしつつ、気に入った鞄を購入した。
服を買うのは苦手だけれど、ずっと通っているお店で、私の手持ちの服も好みの服も苦手な素材も把握してくれている人の前で試着するのはとても楽しい。
月曜日は楽しみではないけれど、鞄を背負うのはとても楽しみだ。

1/15
ミルクコーヒーを作って飲む。
日頃はカフェオレというかコーヒー牛乳を飲んでいるが、めっきり寒いのでミルクパンで牛乳を温めてからコーヒーと混ぜる。
暖かくて美味しかった。

とても好きな絵を描く人を見つけ、心躍る。

1/16
新品の鞄で通勤の後、友人の結婚式の準備のため買い物へ行く。可愛いパーティバックを購入する。
友人が少なく、また結婚式をやりそうな友人はその中でもさらに少ないので、恐らくこれが最後の参列だと思う。
とても楽しみだ。

1/17
この日記のテーマは「楽しかったことを書く」なので、書くことがない。強いて言うなら、今日も私の鞄は可愛い。

1/18
余りに欲しい本があり、二、三日御託を並べて、受付開始後に即注文。
家のどこに隠そうか、見せびらかしたい、でも恥ずかしい…などと綯交ぜになり大変に苦悩している。好きなものを好きと言える勇気が私にはないが、無事に予約注文できたので届く日を心待ち日している。
楽しみに待てるものがあることが、嬉しい。
たまに、自分の性格の悪さが嫌になるのだが、夫が私の甘ったれた気難しさを「ムーミン谷の住人みたいだなぁ」と言ってくれた。

1/19
帰宅し、夕ご飯を作る。
私より遅くに帰ってきた夫が、私の作ったご飯を食べる。
夫はほぼ毎日私の作ったご飯を食べているが、毎回それがとても嬉しい。
「私の作ったご飯を食べてくれることが嬉しい」と思えるのは、大変に幸せなことだと思う。

1/20
友人とタイ料理屋さんに行く。
「やることが陰湿だよね〜」とゲラゲラ笑いながら言われる。陰湿なのは事実だが、それを笑い飛ばしてくれる友人は貴重だ。

1/21
元同級生の結婚式へ参列。めでたい。
たまにしか会えない大好きな美容師さんにヘアセットをしていただく。
お祝いの気持ちで自分の身なりを整えるのは勿論だが、「この人に可愛くして貰いたい」という気持ちでヘアセットしてもらうのはとても良いことだと思った。
浮かれ気分で資生堂パーラーのお菓子を買って帰宅。

1/22
昨日頂いた引き菓子を食べる。
フィナンシェが大好きだ。

1/23
スープとジャーマンポテトを作る。
白菜とソーセージのポトフ、ローリエを入れると美味しい。
暖かい汁物を毎日作りたいと思っている。

1/24
好きな絵を描く人の活動状況を見て圧倒される。いつ寝てるんだ。
「描かないと死んじゃう」「楽しい」「書き終わったから次のものを描く」と繰り返しており、眩しい。

1/25
バレンタイン向けイベントのパンフレットを入手する。
日本に店舗がなく、通販かこの時期に買うしかないメゾンに長いこと入れ込んでいる。今年も出店を確認し、一安心。買いに行くのが楽しみだ。

1/26
夫の飲み会が珍しく続き、帰宅が遅くなる。
それそのものについて目くじらを立てる気はないが、帰宅しても1人なのに飽き、「寂しいので走って帰ってくるように」と要求。アサーティブコミュニケーション。

1/27
白菜とウィンナーの中華炒めを作る。
特売だったプリマハムの「香薫」が美味しかった。

1/28
サロンドショコラに行き、毎年楽しみにしているお店と、初めてのお店でお買い物。
映画「沈黙」を観る。上映後はうまく話すことができなくなった。
張り詰めた気持ちで息もできなくなったが、山盛りのポップコーンの山の部分も減っていないものが返却カウンターに置いてあるのを見かけ、これを買った人は、上映前になぜこれを観ながらポップコーンを食べれると思ったのか、と少し笑ったら息ができた。

1/29
大の得意だった料理を久しぶりに作る。
基本に忠実に、と思いつつ手順をすっかり忘れており、これでいいものか、と思いつつも美味しくできたのでよしとする。

1/30
好きな表現をする人と、感銘を受けた映画のお話をしていただく。
勤勉さを忘れず、されど知識に奢らず、遊び心もある姿勢に心震える。

1/31
「その日あった楽しいことだけを記録する」というコンセプトの日記が無事に1ヶ月続いた。
日記が1ヶ月続いたのは初めてのことだ。嬉しい。
殆どが何を食べたかの記録となってしまったが、毎日何かしらのものを食べ、それを「楽しい」と思えることを当たり前だと思ったりくだらないことだと思ったりせず、これからも美味しいものを食べていきたい。

広告を非表示にする