読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白昼夢、或いは全部勘違い

コンテンツの消費

16/12/11 梅田で迸るネッサンス!!をこっそり見に行った話

「アイドルネッサンスのワンマンライブは楽しかったし、オワリカラを好きな人がアイドルネッサンスのライブを見に行っても楽しいと思う。」というのを伝えるための割と長いブログ。

アイドルネッサンスのワンマンライブ「梅田で迸るネッサンス!!」に行ってきた。
5月に大森靖子ちゃんを見て以来の梅田クアトロ、アイドルのワンマンライブは初めてだった。

バンドをあまり見聞きしない人が「バンドは苦手」と一括りにしていたら、「バンドにもいろいろあるのに勿体無いな」と思うが、私もアイドルを一括りにし、「アイドルはそんなに見ないし聞かない」と言いがちだ。
アイドルネッサンスも、名前は聞いたことあるな、という程度だったし、オワリカラが「アイドルネッサンスのバンドセットに参加!」と告知した時は、「メジャーデビューするといろんな仕事が来るんだなぁ、でも、別に見に行かないでもいいや」と思った。

12/11、その日は昼から京都でオワリカラのワンマンライブ「真昼の実験惑星」(新曲や珍しい曲やフリーセッションなどで構成された自主企画。とても楽しいのでお勧め。)があり、夜には梅田でアイドルネッサンスのワンマンライブがあった。
昼のライブがとてもよかったこと、もう年内にオワリカラを見る予定がなかったこと、「意外とたくさん(オワリカラも)やる」というMCでの情報、そして前日の「大雪で飛行機が欠航し、札幌でのモーニング娘。のコンサートが中止になり、なんとか開催された関ジャニのコンサートに辿り着けない人が続出したが、モーニング娘。を見に行く予定だった人たちが関ジャニを見に行いった」というニュース、などにより、やっぱり行こうかなぁと思っていた帰りの電車で、昼に開催されたオワリカラのワンマンに、アイドルネッサンスのファンの方が来ていたことをtwitterで知った。
アイドルネッサンスのファンの方が、アイドルネッサンスが出ていたわけでもないオワリカラのワンマンに来ていたことが、私はオワリカラのただのファンなのだけど、とても嬉しかった。
私はオワリカラが大好きなので、オワリカラのライブ、しかもワンマン!を楽しいと言ってくれたことが、とても嬉しかった。
ならば私もアイドルネッサンスを見に行こう、と、なにがならばなのかよくわからないが、ならば、と思い当日券で入場した。

アイドルネッサンスのこと。

٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・٭•。٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・

アイドルネッサンスは1950年代~2010年代までの時代・ジャンル問わず様々な名曲を私達の歌とダンスでパフォーマンスする【名曲ルネッサンス】をコンセプトに活動しています^^*
これまでにもKANA-BOONさん、PUFFYさん、岡村靖幸さん、HoneyWorksさん、村下孝蔵さん、スピッツさん、など様々なアーティストさんの曲をルネッサンスしています

なので、オリジナル曲がなく《全曲カバー》です✧*
平均年齢15才の8人組のグループです*✭

٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・٭•。٭•。❁。.*・゚ .゚・*.❁。.*・

最近たまに読んでるメンバーブログから拝借。
来年はオリジナル曲(BaseBallBearの小出くんが作るそうですね)が出るとか。

お好きな方には今更のことかと思うが、カバーアイドルということも知らなかった私はまず、選曲にびっくりした。
アイドルネッサンスをもっと知るネッサンス!!
(これはファンサイトなの?とてもわかりやすくてありがたい。)
私の琴線にぐいぐい!と触れたのはこの辺。

THE イナズマ戦隊 「ドカン行進曲」
SUPERCAR 「LUCKY」
JELLY LEE PHANTOM「Music Lovers」
the pillows 「Funny Bunny」
フジファブリック 「夜明けのBEAT」

わかる人には私の世代がわかる選曲だと思うが、どの世代に人に見せてもぐいぐい!とくる曲があると思う。
アイドルネッサンスの原曲縛りでDJをしても問題なさそうだ。
これを書きながら久し振りにスーパーカーを聴いている。久し振りにTHE BEACHESのことを調べたら私の知らないうちに活動再開していた。よっしゃ見に行こう。
これが名曲ルネッサンスということなのだろうか。何か違う気もするが、とにかく感謝したい。

フジファブリック「夜明けのBEAT」。
志村がいなくなって以来フジファブリックを見ていないので、「夜明けのBEAT」を、生身の人が歌っているところを初めて見た。
ただ、志村が作った曲が今もステージで歌われていることは、きっとすごいことで、尊いことだと思った。
そろそろフジファブリックを見に行こう、と思うけど、なかなかね。

the pillows 「Funny Bunny」。
ファニバニのカバーといえばELLEGARDEN、の世代。
そのあとはアイドルネッサンスとも親交が深い小出くんのBaseBallBearもカバーしていた。
定番曲はこうやって出来ていくのだろう、という過程を見ているようだ。
彼女たちは、「君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ」という歌詞がよく似合うと思った。

原曲の話ばかりで恐縮だが、普段、好きな曲のカバーを好んで聴かない。
好きな漫画がアニメ化や実写化されても見ないのと同じで、原曲と私だけの間で完結した世界に他人の解釈を挟むのが、どうにも苦手だ。
けれど、アイドルネッサンスは、曲のアレンジ、振り付け、アイドルとしての世界観、さっぱりすっきりひっくり返して、でも元の曲の良さが損なわれていなくて、けれどまっさらに彼女たちの世界で、それはひねくれた私にもとても好ましいものだった。
真っ白な衣装は、どの曲にもよく映えていた。

ライブを見て強く思ったのは、「youtubeじゃ何にもわかんないな」ということだった。
オワリカラのカバー曲をちらっと見たときは、失礼な話、特に興味も湧かず、見分けもつかず歌も外見も余り記憶に残っていない。
けれどステージに出てきた彼女たちはみんなとても可愛く、個性的で、魅力的だった。
家に帰ってから再度見返してみたら、実物を見る前には気づかなかったいいところがたくさん見つかって、とても楽しかった。

特に印象に残ったこと、幾つか。
多分歌割が一番多かったボブヘアの石野理子ちゃん。
(私がちゃん付けで呼んでいいのかという葛藤vs私にさん付けで呼ばれても困るよなという懸念)
アイドルネッサンスにそういう役割があるのか、不勉強なのでわからないが、「エース」という感じだった。
アイドルに「センター」や「リーダー」がいるのはなんとなくわかるが、「エース」というものを聞いたことはあってもあまりピンと来ていなかった。けれど石野理子ちゃんは「エースだ!」と思った。
あと歌がべらぼうに上手だった。

11.6@お台場【「Music Lovers」ライブ映像】アイドルネッサンス+ヒサシ the KID+オワリカラ+炭竃智弘+園木理人 - YouTube

ショートカットの野本ゆめかちゃん。
背が高くて踊るのもシャキッとしてるのに、喋るとふわふわでとても可愛かった。
私のような赤の他人が可愛いと言っていいのか…という罪悪感を抱くほど、ふわふわで可愛かった。
動画やブログを読んで荒んだ心を潤している。私が願うまでもないだろうが、今後ともすくすく元気に育ってほしい。

メンバーのブログも幾つか読んだ。
オワリカラの自主企画にゲスト出演した後のブログで、オワリカラのことを「かっこよかった!」と言うアイドルネッサンスのメンバーは、みんな自分の言葉でなにが好きだと思ったのかを綴っていた。
この歌詞が好き、とか、この言葉選びが好き、とか。
原田珠々華ちゃんに至っては可愛い似顔絵を描いてくれていた。
だいすきが溢れる日( ´͈ ᵕ `͈ )♡原田珠々華|アイドルネッサンス オフィシャルブログ Powered by Ameba
オワリカラ大好きBBaの私は、感謝を通り越して「かたじけない…」という気持ちになった。

ともかく、アイドルネッサンスのライブはとても楽しかった。
アイドルを見たことがなかったわけではないが、場の空気に馴染めなかったりと、余りエンジョイした覚えはなく、私はアイドルのライブが苦手なのだと思っていた。
それは私が「バンドが苦手っていうけど、バンドにも色々いるよ」と思うのと同じで、私にも好ましいと思える場はあるのだな、と思った。
ちなみに会場が禁酒なのが一番のカルチャーショックだった。誰もストロングゼロを飲んでいない。
あと、ワンマンなのにファンの人がなにも仕込んでいないのにもびっくりした。私が見てきた世界は広ようで狭い。

オワリカラを知っている人向け、オワリカラの見どころ、備忘。
①2ビートを叩くカワノくん
カワノくんは2ビートを叩けそうな顔なのに叩かないから、珍しいものが見れて楽しい。
②アイドルに囲まれるツダくん
間奏でメンバーがバンドメンバーに寄って行きアイコンタクトをとる、手を振るなどする曲があったのだけど、ツダくんの近くに白いワンピースのアイドルがいるというだけで「ここはこの世なのか…?」というスピリチュアルな気持ちになった。
パワーコードを弾くタカハシくん
普段タカハシくんはEmばっかり弾いているので、タカハシくんってパワーコード弾けるの!?逆に!?と思った。
今も思い出し笑いが止まらない。
あと、人様の楽器に乗るのはやめたほうがいいと思う。
④鍵盤ハーモニカを吹くカメダくん
4年振りに見た。

(ちなみにカメダくんはThe Idol Formerly Known As LADYBABYのめちゃくちゃ再生された曲「ニッポン饅頭」のカップリング「ultra☆lucky」のアレンジを担当している)

あと、途中でタカハシくんの自我が噴出しスペシウム光線かメビュームシュートを発していたが、それを即座に真似るアイドルネッサンスの皆さんのアイドルらしい空気の読み方と反射神経がとても素晴らしかった。

以上、機会があればまた是非アイドルネッサンスを見に行きたいと思う。

広告を非表示にする